検索
  • 内藤 薫

どうしても「食べちゃう」を止める方法

更新日:2020年6月24日

私が太っていた頃、今でもそうですが、一番難しかったのが「食べる」ことでした。いくら「痩せよう」と決めても数日で食べちゃうんです。

友達と外食に行くと「せっかくお金払うし」と思って食べちゃう。一度食べちゃうと数日我慢していた分だけ「どうでもいい」となって食べちゃう。お金を節約しようとして、安くて量が多いものを選択。


そんな時とある本と出会いました。


鈴木裕先生が書いたパレオ式ダイエットという本です。これには狩猟採集民のことが書かれており、どんなに食べても体脂肪率が増えず、筋力が落ちない、現在の加工食品が科学的に「やめられないとまらない」ように研究されて作られていることを知りました。


はっ!!


俺は企業に脳をだまされて食べていたのか…お菓子が食べたいな、パンケーキが食べたいな、ソーセージ、ポテトチップ、が食べたいなと思わされていたのか!


…衝撃でした。

そこで、加工食品の量を少し減らそうと考えました。加工食品とは原材料が分からなくなっているものだそうです。加工食品が食べたくなったら〇を食べるという心理学でいうif thenルールというのを応用して実験してみました。例えばコンビニで「フランクフルトが食べたい」と感じたら「サラダチキン」を買おう。「ショートケーキが食べたい」と感じたら「リンゴ1個食べてから考えよう」そのように応用しながらやってみると、簡単に体重が減っていきました。今でも2年以上体型をキープしています。


昔はちょっと食べたいなと思うと、パンを2つに飲み物、支払ったお金は354円。摂取したカロリーは1300kcal以上。支払ったお金に比べれば摂取したカロリーはお得でしかありません。しかし、もっと食べたいもっともっと…結局300円が4回あれば1200円というようにお金を払ってきました。節約の意味が…トホホ。だから今お金があんまりないのかな(笑)






閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年5月21日土曜日 午前10:00~ 参加費500円 手軽にできる腸活をお教えいたします。科学的根拠に基づき、10程度の研究論文と自身の医療現場での体験談を交えて皆様に技を伝授いたします。授けましょう腸活王位継承権!!! 人数に限りがありますのでご予約をInstagram、Facebook、公式LINEアカウントでも受け付けていますし、メールアドレスalpste@nus.ne.jpでも受け

5月15日(日)お休み 5月17日(火)メンテナンスのためお休み 5月22日(日)貸し切り 5月23日(月)振替定休 5月28日(土)定休日 5月29日(日)貸し切り 5月30日(月)振替定休 ご迷惑をおかけいたします。